コロッケおいしい

日頃の不平不満を吐き出したいと思います。

president.jp

少子化するのは技術が進歩して人が死ななくなったからだ。

リベラルは少子化を加速するかもしれないけど、原因じゃないよ。

 

子どもが生まれるじゃろ。その子が大きくなって歳を取って老人になる。
100年前なら老人になる前に死んでしまう=老人の数がそんなに増えなかったが、いまは80歳90歳はごく普通、つまり老人がガンガン増える。

子どもが生まれれば生まれるほど、大人も増えるし 老人も増える。なにしろ子どもは20歳を過ぎたら子供じゃなくなるが、60歳を過ぎたら制限なしに全て老人なのだ。老人が増えるペースには永遠に追い付けない。
常に子供の数より老人が多い、”少子”の状態になる。

これは政治とか経済とか関係無い。良いクスリができたり良い食料が手に入るか入らないかの問題。
そして、技術進歩・グローバル化により クスリは安価になり貧困地域にも普及し、飢餓の地域も年々減っている。

つまり今後、全世界で少子化は進む。
技術は進歩こそすれ後退するすることはないから少子化が止まることはない。仮に一瞬増えたとしても、5~60年後にはまた少子化になることだろう。

そして老人が増えれば 相対的に生産人口も減ることから、若者に対する負担も増える。子育てのリソースが減り、ますます子どもを産めなくなるだろう。これも全世界、どこの国でもだ。

何が言いたいかというと、
『ここまで技術発展した私たち人類は今後、100年前のような発展を経験することはないだろう』ってこと。

なんとかしたいならば
・人類の半分を死に追いやるレベルの戦争を起こして人を大量に減らす&継続的に戦争で人が死ぬ状態を維持する
・サイボーグ技術を進歩させ、90歳くらいまで働けるようにする(生産人口とする)
とかかな。