コロッケたべたい

日頃の不平不満を吐き出したいと思います。

放射性廃棄物って、月に捨てればいいんじゃないの?

原子力発電環境整備機構
地層処分の費用について
http://www.numo.or.jp/q_and_a/05/#qa01

> 原子力発電に伴って発生する高レベル放射性廃棄物は、2021年頃には、ガラス固化体に換算して約4万本に達すると見込まれており、これらの処分費用は約3兆円と試算されています。

 

ウィキペディア
軌道エレベータ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%8C%E9%81%93%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%BF

> 建設費は100億ドルから200億ドル(1兆円から2兆円)とされている

> ただし、実際に十人単位の人を運べるものを建設する場合、値段はより高額となると考える研究者もいる。

 

 

処分費用に3兆円使う予定。建設費用は2兆円。

仮に建設費用が2倍増えて6兆円掛かったとしても、地球全体としては十分ペイできると思う。

 

 

海中・地中とも不安視する人は多い。

これはもう宗教、たたりとかそんなレベルで怖がられているので 理屈では解決しない。

 

月面なら文句いう人も少ないでしょう。静止軌道まで上げられるのなら なんとでもなる。

怖いのはコンテナが落下、破損するような事故。

あとは軌道エレベータ自体が倒壊するような事故か。

ここさえ了解がとれるなら 非常に将来性あると思う。

 

 

何より、処分場つくるのに3兆円払うよりは よっぽど人類のためになるし。

 

技術課題が多いのは分かっている。

でも 方向性はもう見えてる。

 

懸賞金10億円くらいでアイデアのコンペすればほとんどの問題は解決するんじゃなかろうか。

 

原子力発電環境整備機構には、是非 先頭に立って世界をリードして欲しい。

実現できれば 確実に歴史に名前が残るよ。世界史、っていうか 人類史・宇宙史レベルで。

 

 

※高空で自由落下しても燃え尽きずに軟着陸させるカプセルなんか楽勝で設計できると思う。

 高度があれば自動操縦で海に落とすのも問題ない。

 仮に高空で破損・拡散したとしても、

 ドラム缶数本程度の廃棄物ならあまり気にする必要ないと思ってます。

 なんたって ほんの50年前には水爆実験とかで

 桁違いの放射性物質を空中にぱかぱかバラまいてたけど私たち生きてるわけですし。

 もちろん直撃されたら嫌ですけど。

 どっちかというと

 エレベータ倒壊で最大36000kmのケーブルが落ちてくる方が怖いですね・・・。