読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コロッケたべたい

日頃の不平不満を吐き出したいと思います。

ドライビングテクニック講座(1)

コーナリング編】

「アウト・イン・アウト」という言葉をご存じでしょうか。
雑誌やマンガなんかでもよく出てきますね。
カーブを素早く曲がるするためのコーナリングのテクニックなのですが・・・

これは嘘!!効果ありません!


正確にいえば、サーキットなどでクルマの性能を極限まで使ったレースでのみ有効なテクニックであり、
一般道で速度帯域が限定された状況では意味がないってことです。
意味がないどころか、かえって遅くなる。

それでは一般道ではどのようなコース取りをするべきなのか?
正解は「イン・イン・イン」

ちょっと考えれば当然ですね。
カーブを円と考えると、最小半径を取るのが 最も走行距離が短くて済む。
走行距離が短い=速く抜けられるってことです。

回転半径を大きくとっても小さくとっても所詮は一般道、スピードは変わりません。
なら走行距離が短い方が速いのが当然です。

速く曲がれるってことは、速度を落としても いままでと同じタイムで曲がれるってことです。
速度が小さいと確実に安全性は増しますし、
外側に向かって掛かる横Gも小さくなり、乗り心地も改善します。

もちろん走行距離が短い方が燃料の節約にもなります。

コース取りとか考えなくて済むので(とにかくインベタで走れば良い)、カーブ中にふらつくこともない。
道路状態についてもイン・アウト両面に向けなければならない意識をイン方面に加重できるので安全性も増します。

とにかくカーブを曲がるときはインベタ!
カーブに差し掛かったらインに寄って、カーブ中は車線ぎりぎりをキープ、カーブを抜け終わったらゆっくり車線真ん中方面に戻してください。
インベタで曲がれないようなスピードを出したい場合はサーキット行ってください。
 

だから前の車!右ウインカー出してるのに左に膨らんでくるんじゃねーよ!
危ないにもほどがあるよ!!